トピックス

投稿日時:
南島原市内の金融機関で構成する南島原地区金融機関防犯協会(片山達哉会長)は11月27日、口之津支店で金融機関強盗への対応訓練を実施しました。職員が、犯人に対応するとともに、犯人の特徴の把握や警察署への連携等について再確認しました。 自主防犯意識の高揚や通報体制の確認等を目的に南島原署などが実施し、緊 […]

投稿日時:
刈払機を使用する農援隊員の労働災害を防ごうと、担い手対策課は11月19日、本店で刈払機取扱作業者の安全講習会を開きました。当JAの農援隊隊員ら25人が参加しました。 行政通達に基づく安全衛生教育の一環で、林業・木材製造業労働災害防止協会(林災防)の技師師範と刈払機のメーカーが講師となり、刈払機に関す […]

投稿日時:
昨年8月にセルフサービス型のガソリンスタンド第1号店として営業を始めた愛野セルフスタンドの来店者数が、11月22日で10万人を達成しました。 10万人目となった雲仙市愛野町乙の尾上義昭さん(69)には、スタンドの立山広志所長から花束と記念品が贈られました。尾上さんは、「ずっと愛野町に住んでいて、農業 […]

投稿日時:
女性部は11月18日、雲仙市国見町の営農研修室で正月料理講習会を開き、各支店の女性部担当職員ら15人が参加しました。 手軽に出来るおせち料理の調理法を学ぶとともに、料理講習会を通じ部員の増員にもつなげたい考えです。職員は今後、各支店で講習会を開く予定で、部員以外にも参加を呼びかけています。 レシピは […]

投稿日時:
当JAは11月18日、雲仙市国見町のJA国見支店で、イチゴ「ゆめのか」の出荷協議会及び目揃い会を開きました。JAの営農指導員、販売担当者、関係市場ら約30人が参加し、出荷規格等について検討しました。農家を指導する営農指導員と販売担当者の目を揃え、意識の統一を図るとともに、市場関係者らも交えて出荷規格 […]

投稿日時:
東部基幹営農センター管内で、11月17日から施設中晩柑の出荷が始まりました。[pagebreak]「天草」からスタートし、デコポン、「せとか」、「津の輝」へリレーします。7月から出荷が始まったレモンに続き、これらをリレーして来年5月からのハウスミカンへバトンをつなぎます。1年中とぎれることなくマルナ […]

投稿日時:
当JA北部基幹営農センター管内でイチゴの出荷が本格的になりました。JAなんこうイチゴ部会は11月18日、雲仙市国見町内で平成26年産イチゴの出荷協議会を開き、生産概況及び取扱方針などについて検討しました。販売金額30億円、出荷数1060万パックを目標に来年6月まで出荷を続けることで意識を統一しました […]

投稿日時:
当JAは11月6日と11日の2日間、島原市のJA本店でメンタルヘルス研修会を開きました。健康な心や健全な精神状態で生活できるための心の健康づくりを目指し、2日間で管理職職員約200人が受講しました。 講師の独立行政法人労働者健康福祉機構長崎産業保険総合支援センターの饗庭敦子氏は、「現在、職業生活でス […]

投稿日時:
当JA南部基幹営農センターで、間もなくイチゴの出荷が始まります。今年産の生育状況の確認と出荷計画、出荷要領等について協議しようと11月6日、生産者、JA全農ながさき、島原振興局、関係市場など約100人を集め、南島原市北有馬町内で平成26年産の出荷協議会を開きました。 農家の高齢化等により作付面積の減 […]

投稿日時:
雲仙市愛野町東の農業、山口恵介さん(53)宅で2月に生まれた三つ子の子牛が、いよいよ子牛市場へ出場することになりました。病気ひとつせず順調に育ち、山口さんは、「できれば3頭とも同じ購買者に買い取って欲しい」と親心を見せます。  ソチオリンピック開催期間中の2月16日に生まれ、オリンピックイヤーにちな […]