トピックス

投稿日時:
当JA東部基幹営農センター管内で7月下旬から本格的に始まったグリーンレモンの出荷が好調です。「塩レモン」ブームも手伝い国産レモンが品薄状態の中、ノーワックス、減農薬のレモンは市場でも引っ張りだこの状態です。同センターは、「出荷量は昨年並みだが、価格では昨年を上回る」と話しています。 小川敏則会長(6 […]

投稿日時:
島原市農業振興協議会はこのほど、島原市有明町の舞岳山荘ふれあい広場で、島原市農業感謝祭を開きました。農業、漁業関係者、各種団体などから数百人が参加し、“お月見夜なべ談義”と題して親睦を深めました。神が宿るといわれる舞岳中腹の同山荘前広場で豊作祈願神事が行われ、当JAの本田嘉文専務をはじめ各生産部会の […]

投稿日時:
当JAは9月17日から19日の3日間、同JA管内の雲仙市、島原市、南島原市を訪れ農協改革並びにTPP交渉に関する要請を行いました。参加国間での交渉が進められ予断を許さない状況にあるTPP問題や、6月に改訂された「農林水産業・地域の活力創造プラン」について、「行き過ぎた市場開放、農業改革は家族中心型の […]

投稿日時:
吾妻給油所に9月9日から11日の3日間、雲仙市立吾妻中学校2年生の生徒3人が職場体験学習に訪れました。給油所の職員の指導の下、洗車、清掃、接客などを体験しました。田中雄基さん(13)らは、「緊張している」「あいさつを注意してやりたい」「仕事の役に立つように頑張りたい」などと意気込みを話しました。

投稿日時:
女性部は9月9日、島原市の当JA本店で第5回家の光大会及び研修会を開きました。 島原支部の園田ひとみさんが体験発表を行いました。中村保子部長は、「目は高く頭は低く心は広く、という言葉があるが、そのような気持ちで今後も取り組んでいきたい。部員が減少傾向なので、回りの方を誘っていただきたい」と挨拶しまし […]

投稿日時:
JA全農ながさきは9月21日、雲仙市国見町にある当JA金山SSで第38回ドライブウェイサービスコンテスト長崎県大会を開きました。県内JAからSS職員23人集まり、制限時間内に給油をはじめ、安全点検の勧め、エンジンオイルやカー用品の推進などを行いました。JA全農ながさきの職員らが審査員となり、接客態度 […]

投稿日時:
 雲仙ブロッコリー部会は、販売高5億円を達成しました。9月17日、雲仙市内で記念大会を開きました。ブロッコリー専業農家の育成と鮮度保持による品質向上などに取り組み、平成30年度目標に「取扱量1750トン、販売高7億円」を目指すことを表明しました。加藤寛治代議士の記念講演がありました。

投稿日時:
JA全農長崎県本部は9月18、19日の2日間、雲仙市吾妻町の県南家畜市場で9月期子牛セリ市を開きました。JA島原雲仙、JAながさき県央管内からメス牛314頭、去勢牛454頭と前回より約100頭多い768頭の黒毛和種が上場され、754頭の取引が成立しました。 全体では、前回比97.64%で取引されまし […]

投稿日時:
女性部OG組織「大正みのり会」は8月29日、雲仙市国見町の同JA営農研修室でユズコショウなどを手作りしました。今年は新しい試みとして、ユズコショウの材料に米麹を使いました。同会の年間活動の一環で、10人が参加しました。 会員の畑で栽培したユズ、トウガラシなどを使いました。これまでは米麹を使っていなか […]

投稿日時:
南島原市加津佐町道原の小柳武さん(63)がハートや星の形をしたキュウリを作り、話題になっています。小柳さんは、キュウリ72㌃のほか、レタス、ジャガイモなどを栽培する専業農家です。可愛い形のキュウリを作ってみたいと思っていたところ、知人からプラスチックの型枠を譲り受け、それがきっかけとなって作り始めま […]