トピックス

投稿日時:
 南部基幹営農センターは南島原市内で4月6日、平成30年産春ばれいしょ出荷協議会を開きました。出荷計画と取扱要領などについて協議しました。  同センター管内では、生育初期の1月下旬と2月上旬、最低気温が0℃以下となる日が例年の2倍近い17日間もあるなど低温が続き生育が遅れました。特に、温暖な気候を活 […]

投稿日時:
 JA島原雲仙女性部島原支部が毎月開いている活け花教室が間もなく20周年を迎えます。個人のスキルアップと部員相互の交流を深めようと、平成10年頃に活動を始めました。2班に分かれて開き、農繁期には夜間の空き時間を利用するなど工夫をしながら続けています。同JA旧杉谷出張所で4月5日に開いた教室には、部員 […]

投稿日時:
 JA島原雲仙南西部アスパラガス部会は、平成30年産のアスパラガスの出荷を始めました。今年産は、L階級以上の太物の割合が高く、順調な出荷スタートを切りました。約200㌧(前年比145%)を計画し、10月まで出荷が続きます。  同部会では、部会員73人が約10㌶のハウスで栽培を手掛けています。生産対策 […]

投稿日時:
 西部基幹営農センター管内の雲仙市吾妻町、愛野町、千々石町で栽培された秋作馬鈴薯の出荷がピークを迎え、愛野特産馬鈴薯センターでは、連日従業員が選果作業に追われています。出荷量は前年並みを見込んでいますが、品質的には良好で高品質な馬鈴薯を出荷しています。  今年産は合計で66.5㌶に作付けし、品種は「 […]

投稿日時:
 雲仙市吾妻町の農事組合法人、吾妻農産加工組合は12月上旬、JA島原雲仙吾妻支店の駐車場で感謝祭を開催しました。同組合が手作りする安心、安全で美味しい吾妻みそを買い求めようと多くの買い物客で賑わいました。  日頃のご愛顧に感謝するとともに、地域住民との交流や地産地消の推進、商品の魅力をさらにPRして […]

投稿日時:
 長崎県佐世保市千尽町の佐世保食肉センターで11月下旬、第1回島原半島枝肉共励会が開催されました。当JA管内の島原市、雲仙市、南島原市の3市内から黒毛和種39頭が出品され、雲仙市千々石町の平野幸一さんが出品した枝肉が金賞を受賞しました。平野さんは同時に銅賞2席も獲得しました。  共励会は、島原半島内 […]

投稿日時:
 当JA南部基幹営農センター管内で、平成29年産イチゴの出荷が始まっています。今年産は、大雲仙いちご部会の部会員85人が、19.41㌶で栽培し、品種は、「さちのか」が8.43㌶(43%)、「ゆめのか」が10.82㌶(56%)、「その他」が0.16㌶(1%)となっています。  部会では、農家所得の向上 […]

投稿日時:
 JA島原雲仙年金友の会は10月下旬、南島原市有家町の総合グラウンドで第16回グラウンドゴルフ大会を開催しました。団体の部で国見Bチーム、個人の部で同チームの出田和彦さんが優勝を飾りました。  グラウンドゴルフを通じていつまでも健康で、はつらつとした心身を養うとともに、年金友の会会員相互の親睦融和を […]

投稿日時:
 JA島原雲仙共済部は10月下旬、JA本店でスマイルサポーターロールプレイング大会を開催しました。熱戦の結果、最優秀賞に有明支店の西本未来さん、優秀賞に南有馬支店の川村貴之さんが輝きました。  スマイルサポーター(窓口担当者)が、ロールプレイングを通じて業務知識、推進話法を高度化することで、より組合 […]

投稿日時:
 JA島原雲仙年金友の会は9月20日、雲仙市愛野町の愛野運動公園グラウンドで西部地区の第7回グラウンドゴルフ大会を開催しました。団体の部でおばまAチームが優勝を飾りました。  JAの文化活動の一環として、年金友の会の会員相互の親睦融和と健康増進を図ることが目的で、17チーム、102人が参加しました。 […]