マイカーローン

重要なお知らせ(情報/案内)


 取引時確認に関するお客様へのお願い
 あなたの暗証番号は大丈夫ですか?
 振り込め詐欺にご注意ください!!
■ 振り込め詐欺の被害にあわないために
■ 振り込め詐欺被害に遭われた方へ
 反社会的勢力との取引(対応)について
 犯罪収益移転防止法について(平成25年4月1日改正)

 

取引時確認に関するお客様へのお願い
当JAでは、犯罪から得た資金の洗浄(マネー・ローンダリング)を防止すること等を目的として、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、口座開設等の際にご本人の確認(お客様の氏名・住所・生年月日等の確認)をさせていただいておりますが、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」 の改正により、平成25年4月1日から職業や取引を行う目的等についても確認させていただくことになりましたので、ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
また、必要に応じ、本人確認書類をコピーさせていただくこともございますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

ご本人の確認が必要な主な取引
(1)初めて取引を開始されるとき(口座開設の取引を含みます。)
(2)200万円を超える現金の受入または払出しに係る取引をされるとき
(3)10万円を超える現金の振込み等をされるとき

・振込、送金
・小切手の呈示による支払

・公共料金等の窓口収納(但し、国・地方公共団体にかかる金品の納付(税金等)は除く)

(4) 融資取引をされるとき など
(注)これらの取引以外にも、キャッシュカードの申込・通帳等の紛失届など、ご本人の確認をさせていただくことがあります。
  ■ 本人確認手続に関する詳細は、 こちら

 
 

 

あなたの暗証番号は大丈夫ですか?

 

 キャッシュカード・JAカード等の暗証番号は、生年月日、電話番号などを避け、他人に推測されにくいものをご使用ください。

 

 例えば、生年月日・電話番号・住所の地番・自動車のナンバー などは、他人から簡単に推測される恐れがあります。

 なお、当JAでは、
 生年月日電話番号番地「0000」「9999」などは、キャッシュカードの暗証番号としてご指定できません。
 
  推測されやすい番号をお使いの場合には、すみやかに変更されることをお勧めします。
  【変更方法】
(1)お取引の支店窓口へお申し出ください。
(2)当JAのATMで変更手続ができます。
(ATM画面の「暗証番号変更」ボタンで変更できます。)
 
ATMご利用時には、貯金の引出しなどの際、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。
JAの職員、警察官などが、店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることは絶対にありません。安易に他人に教えたりしないようにお願いします。
 <不審な事があった場合には、直ちにJA窓口または警察へご照会ください。>
「キャッシュカード」や「JAカード(クレジットカード)」も「通帳」や「印鑑」と同様、大切なものです。厳重な保管をお願いします。
 

 

(!)キャッシュカードのお取扱いに関する注意(お願い)

 

振り込め詐欺にご注意ください!!


振り込め詐欺とは、いわゆる「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金返還詐欺」などの総称です。
最近は、犯罪の手口が複雑化しておりますので、十分にご注意ください。


     
(拡大は、画像をクリック!)

 

《 振り込め詐欺被害にあわないために 》

 

 電話・郵便・メール等により、現金を「振り込め」という話に対しては、慌ててすぐに振り込まず、ご家族などに必ず連絡を取り、落ち着いて、本当に降り込む必要があるのか、事前に確認しましょう。

 

 また、市役所や税務署・社会保険事務所等の担当者が、「税金の還付金を受け取るため」「年金を受け取るため」と言って、振込請求をしたり、ATMの操作をお願いしたりすることは絶対にありません。

 

  少しでも「おかしいな?」と思ったら、最寄りの警察に連絡をしてください。

 

《 振り込め詐欺被害に遭われた方へ 》

 

振り込め詐欺等の被害に遭われた方へ 
 
(拡大は、画像をクリック!)

振り込め詐欺救済法について 》》》 こちら をご覧ください。

 

反社会的勢力との取引(対応)について

 

 




  

 

犯罪収益移転防止法について