産地の特徴

安心、安全をモットーに安定供給産地を目指し年間出荷できる産地として現在取り組んでいます。出荷を10月下旬から6月上旬まで行い、栽培体系、および品種を組み合わせながら栽培を行っています。
部会としてはエコファーマーの取得はもちろんの事、土作りに重点を置き環境保全にも努めています。シーズンオフには緑肥栽培、アブラナ科以外の野菜を作ったりと連作障害対策にも取り組んでいます。
また平成16年度より関西市場においては全農ブランドである安心システムでの販売を実施しています。全農が認める取引先との契約出荷で生産価格を下回らないように日々努力しています。

生産組織
名 称JA島原雲仙 西部地区野菜部会
代表者名部会長 岩永  篤
栽培面積70ヘクタール
年間出荷量620t
生産者数31人
販売取扱高190,000千円




《 部会の主な活動 》
(1) 定例会の実施(生産状況、販売状況、部会活動内容の協議)
(2) 品種別の出荷目揃え会の実施
(3) 栽培予定地の土壌分析(ネコブ病対策、施肥設計)
(4) 出荷計画