産地の特徴

当地域は、島原半島の南部、雲仙普賢岳のなだらかな丘陵地にあり、西南暖地の恵まれた日照量と、水はけの良い土壌条件のもとで栽培しています。

生産組織
名 称JA島原雲仙 みかん部会ハウスみかん研究会
代表者名研究会会長 池田 博人
栽培面積18ヘクタール
年間出荷量9,000t
生産者数47人
販売取扱高500,000千円

名 称JA島原雲仙 みかん部会施設中晩柑研究会
代表者名研究会会長 小林 貞二
栽培面積3.7ヘクタール
年間出荷量115t
生産者数28人
販売取扱高78,000千円


特徴

私たち研究会員は、平成17年度にエコファーマーの認定を受け、生産面において病害防除回数を極力ひかえ、施肥も有機肥料主体の栽培で「安全」「安全」「おいしい」果物作りに努めています。出荷においても光センサーによる選果で、品質を重視した出荷を実施しています。
 

《 ハウスみかんの特徴 》
食味が濃厚で、優良品種の「宮川早生」「原口早生」の2品種だけの栽培にこだわり、一部のハウスでは、地下冷却での樹体コントロールで着花促進を図り、5月出荷から高品質生産で市場からも高い評価を得ています。
 
《 天草(あまくさ)の特徴 》
オレンジ特有の風味と香りを持ち、じょうのう(中の袋)が薄く、やわらかく、肉質は柔軟で果汁が多いのが特徴です。果皮は薄く、むきにくいのでナイフ等でカットしてお召し上がりください。
 
《 不知火(デコポン)の特徴 》
凸(デコ)がトレードマークの「デコポン」の名で知られている柑橘で、果皮は簡単に手でむくことができます。糖度、酸度のバランスがよくおいしさは抜群です。
 
《 せとかの特徴 》
 果皮は薄くてやわらかく、簡単に手でむくことができます。じょうのう(中の袋)、果肉ともやわらかく、果汁が多く食感のたまらない逸品です。
 
その他(ノバ、マーコット、紅まどか)
当産地は、これら品目の組み合わせで、施設柑橘の周年供給体制を確立しております。