営農

 

 
 営農部では、組合員の営農活動がより効果的に行われる事を目的として、営農指導を行っています、指導事業は直接収益を産み出す事業ではありませんが、JAのこのほかの事業である販売、購買、信用、共済などの事業のかなめです。
 営農指導事業は、農家の営農を指導し、改善が必要な場合は改善し、農業生産力の維持向上をはかっていくJAの事業の中でも最も重要な事業です。

 販売事業は、農家が生産した農産物を共同で販売する事業です。農産物は、天候に左右されるとともに季節的生産物であると言えます。また、貯蔵のきかないものが多く、最近では外国からの輸入量が増加していることもあり、需要と供給のバランスが崩れ、価格は常に変化し不安定になりやすいという現実があります。JAでは、農産物価格を安定させるため消費者ニーズを踏まえた計画的な生産、出荷を行い、市場で有利な販売ができるよう努力しています。

 また、近年消費者の農畜産物に対する安全指向が強まっています。その声に応えるため、JAグループは一体となって、生産履歴の記帳をはじめとする安全性の確保対策や消費者とのコミュニケーションの促進を通じて、消費者に信頼される安全・安心な国産農畜産物の生産につとめています。