トピックス

投稿日時:
雲仙市国見町神代にある農産物直売所「神代ふれあい市」でこのほど、月に一度の朝市があり、買い物客で賑わいました。[pagebreak]店頭で揚げたてを販売する手作りコロッケやメンチカツ、つきたての餅が人気を集めていました。店頭では、海産物店の出店や地元産ニンジンの詰め放題、店内ではハズレ無しの抽選会も […]

投稿日時:
当JA瑞穂支店管内の女性部OGで構成する組織、西郷みのり会(峰添アヤ子会長)は12月10日、雲仙市国見町の営農研修室で焼き肉のタレ作りを行いました。[pagebreak]これをきっかけとして会員増員運動を行ったところ、今年は3人増えて19人になりました。  農家の高齢化等により会員が減少する中、「無 […]

投稿日時:
当JA女性部瑞穂支部は12月11日、瑞穂支店管内で一人暮らしをしている高齢者宅25軒を訪問し、手作りのおはぎやゼリー、部員が栽培した野菜や果物、花をプレゼントしました。[pagebreak]少し早めのクリスマスプレゼントを渡すとともに高齢者の近況や健康状態などのチェックも兼ねて、10数年前から毎年続 […]

投稿日時:
当JAおばま地区営農センターは12月9日、イチゴの現地検討会を行いました。栽培する農家は8軒と少ないですが、月に一度開く検討会や研修会には夫婦揃って参加するなど、良品栽培に対する意識が高いです。 今年産は、昨年と同じ175アールで栽培し、育苗期は、8月の天候不順によりたんそ病等の発生が心配されたが、 […]

投稿日時:
長崎県内の約6割を栽培するトマトの産地である当JA南部基幹営農センターで、11月中旬から冬春トマトの出荷が始まりました。大雲仙トマト部会が、長崎県特別栽培農産物の生産に取り組み全圃場で環境に優しい栽培を行っています。今年産も、『安全、安心、おいしいトマト』作りをスローガンに栽培を続けています。  長 […]

投稿日時:
当JA青年部おばま支部は12月9日、雲仙市立北串小学校の児童らと一緒に学校近くの圃場でジャガイモの収穫体験を行い、2アールで約500キロを収穫しました。 ジャガイモの収穫体験は、支部が年間活動として行っている食育活動の一環で、今年が7年目です。3年生の児童12人と保護者、支部員ら約20人が参加しまし […]

投稿日時:
かねてから建設を進めていた有家支店の新店舗が完成し、11月25日から営業を始めました。地域の核となり、組合員、利用者、地域住民のよりどころとなる支店を目指します。 建物は鉄骨2階建て、延べ床面積は887平方メートルで既存支店(482.3平方メートル)の約2倍になりました。誘導ブロックや車椅子対応の洗 […]

投稿日時:
おばま地区営農センター管内で11月下旬から、秋バレイショの出荷が始まっています。[pagebreak]馬鈴薯部会北串支部は11月25日、雲仙市小浜町内の施設で平成26年産秋・新バレイショ出荷会議を開き、生産概況や取扱方針について検討しました。 今年産は、秋バレイショ32.3ヘクタール、新バレイショ5 […]

投稿日時:
佐世保市の佐世保食肉センター(株)で11月26日、第9回南島原市枝肉共励会が開かれました。当JA、南島原市が主催し、市内の肥育農家が育てた黒毛和種25頭が出品され、南有馬町の井口富雄さんが出品した枝肉が金賞を受賞しました。  南島原市枝肉共励会は、肥育技術の向上と「長崎和牛」の銘柄確立を図るとともに […]

投稿日時:
雲仙市国見町の農業、山内滋樹さん(63)の圃場で巨大なブロッコリーが出来ました。重さは2.8kgと、一般的なブロッコリー(250グラム~300グラム)の10倍もあります。山内さんは、10年前から25アールでブロッコリーを栽培し、当JAに出荷しています。「たくさん収穫したが、こんなのは初めて見た」と本 […]