トピックス

投稿日時:
当JA西有家支店に10月27日、ハロウィンの仮装をした西有家幼稚園の園児18人がやってきました。店内で、「踊るロックンモンスター」など曲を踊り、同支店からお菓子などのプレゼントをもらいました。 もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事ですが、現代ではアメリカなどで民間行 […]

投稿日時:
長崎県立農業大学校が長崎県内の農家に同校の学生を派遣する「平成26年度農家等派遣研修(2年生)」が終わりました。雲仙市吾妻町の「雲仙市ふるさと会館」、南島原市有家町の「ありえコレジヨホール」の2会場でそれぞれ10月30日、終了式が行われました。 農家等派遣研修は、同校の農業後継者育成並びに農村地域の […]

投稿日時:
 当JA本店駐車場に10月27日、長崎県赤十字血液センターの献血車が訪れ、職員ら15人が献血に協力しました。毎回必ず協力するという職員もいて、地域貢献の意識の高さを伺わせました。 午後2時半から4時までの間に、業務の合間をみながら職員が順番に献血車を訪れました。企画管理部の柴原康毅職員は、「学生のこ […]

投稿日時:
当JA女性部布津支部は、佐賀県へ視察研修を行いました。部員の親睦が主な目的で、部員ら35人が参加しました。大手調味料会社の製造工場見学、九十九島パールシーリゾート「海きらら」、景勝地の「展海峰」などを見学しました。調味料の製造工場では、うまみ調味料を実際に味噌汁に入れて試食し、味を確かめていました。 […]

投稿日時:
地場産小麦による手延べ素麺の製造を手がけている当JAは10月14日、島原市のJA本店で平成26年度地場産小麦製造検討会を開きました。2013年産小麦の状況と、製品の試作製造、2014年産作付け計画などについて検討しました。長崎県で育成され、麺用粉としての活用が期待される「長崎W2号」については、昨年 […]

投稿日時:
当JA南部基幹営農センター管内で、抑制インゲンの出荷が始まっています。生産者の労力軽減と面積拡大に力を入れ、産地主導型の取引形態の実現を目指します。 同センター管内に4つある営農センターで10月10日、出荷目揃い会を開きました。少人数にすることで取扱要領や出荷規格を浸透させるとともに、高齢者にも移動 […]

投稿日時:
当JA手延素麺部会は10月10日、JA西有家支店で第13回通常総会を開きました。平成25年度事業報告並びに収支決算書承認の件など2議案を上程し、賛成多数で承認可決しました。<p”> 今年度は、関係機関との連携強化、技術検討会や講習会の開催による製造技術の向上、製品検査の向上な […]

投稿日時:
雲仙市千々石町の芦塚長幸さん(83)が子だくさんのサトイモを収穫しました。この秋も、1つの親株に50数個の小芋がつきました。当JA千々石支店に展示したところ、「縁起がよさそう」と話題になっています。 芦塚さんは、奥さんのキミ子さんとともに同JAの農産物直売所「一億人のいぶくろ」にサトイモなどを出荷す […]

投稿日時:
当JA女性部は10月8日、南島原市有家町の同町総合グラウンドで第4回グラウンドゴルフ大会を開きました。常勤理事も参加しチームを編成、女性部員とともに汗を流しました。 昨年並みの34チーム(約300人)が参加しました。同JAは島原半島一円を管内とすることから、広い半島内では部員間の交流が困難な場合が多 […]

投稿日時:
当JA国見支店が、厚生労働大臣感謝状を受賞しました。献血運動を推進するため、今年7月に愛知県で開かれた第50回献血運動推進全国大会で表彰されました。 1972年から昨年までの41年間、来店客にも献血を呼びかけ、職員自らも積極的に献血に協力し、現在も、年に3回行われる献血に継続的に協力していることなど […]