トピックス

投稿日時:
雲仙市南串山町の井上房枝さん(68)の育てるトウガンが大きく成長しました。大きさは長さ50センチ、胴回り73センチ、重さ14キロ。家庭菜園で育てました。最初に見つけた時は10キロ以下でしたが、グングン成長。その成長の早さに驚いたという井上さんは、「しばらく我が家の宝物として飾っています」と話していま […]

投稿日時:
雲仙女性部深江支部は10月28日、島原市有明町にある本多木蝋工業所で和ろうそく作り体験を行いました。北岡陽登美部長ら10名が参加。普段は接する機会の少ない和ろうそくを通して、伝統工芸について学ぶ貴重な体験となりました。  同支店経済課の担当職員は、「作るところから絵付けまで、大変良い経験になった」と […]

投稿日時:
女性部吾妻支部は10月25日、長崎県内で研修旅行を実施しました。同支部の部員と事務局の職員ら23人が参加。約3年ぶりの実施となった今回は、長崎市の外海地区と軍艦島を訪れました。  外海地区では、出津教会堂・ド・ロ神父記念館・旧出津救助院などを見学。午後からは軍艦島上陸クルーズへ向かいました。

投稿日時:
9月14日、本店で令和4年度JA共済小・中学生書道コンクールの審査会が行われました。管内の小・中学校から応募のあった作品を審査し、各賞が選ばれました。このコンクールは、JA共済の地域貢献活動の一環として毎年行われています。今年は62校から半紙の部7997点、条幅の部428点の応募がありました。

投稿日時:
8月27日、28日の2日間、本店でレンタル振袖展示会を開きました。ヘアメイクや前撮り写真がパックになっていることや、手ごろな価格と後払いの料金システムなどで毎年人気を集めています。24年新成人のほか、23年新成人も対象となっていて、もうすぐ成人を迎える親子などが次々に訪れていました。

投稿日時:
長崎県立島原高校で7月1日、1年生地域探求「スペシャルティーチャー招へい事業」として特別授業が行われました。同校では初めての取り組みで、地域の自治体、団体、企業などから講師を招き、地域活性化への取り組みや課題などについて話を聞きました。JA島原雲仙からも営農部の林和昭次長が、地域の農業とJAの役割に […]

投稿日時:
JA島原雲仙女性部瑞穂支部は5月24日、雲仙市瑞穂町の同JA瑞穂地区営農センターでゴキブリ団子作りと寄せ植え教室を行いました。  寄せ植え教室では、同町の宮崎明美さんを講師に、「トレミア」「サルビア」「ヒメヒマワリ」などの苗を使い、思い思いにアレンジしながら作業を行いました。水のやり方などのアドバイ […]

投稿日時:
5月18日、雲仙市小浜町にあるAコープおばまをリニューアルオープンしました。オープン前には朝早くから約160人が並び、初日だけで900人以上の来店があるなど多くの人で賑わいました。  同店の三縄勉店長は、「多くのお客様に足を運んでいただき、笑顔でお買い物されるようなお店作りを従業員共々、一丸となって […]


投稿日時:
当JA有明地区の人参洗浄選別施設で4月下旬から5月上旬にかけて春人参の出荷ピークを迎えました。今作は、3月16日から選果スタート。2月時の低温や雨不足などで、例年より生育は遅れ傾向でありましたが、高品質の人参に仕上がっています。 同選果場に持ち込む有明人参部会は昨年度、ながさき農林業大賞の産地集団部 […]

投稿日時:
千々石支店の玄関先が、女性部員が寄贈した季節の花で彩られています。花を植えたのは、雲仙市千々石町内の中瀬美代子さん。草花や野菜を育てるのが好きという中瀬さんが、自宅で種をまき、苗を育てました。中瀬さんは、「花は手入れした分だけ、きれいな花を咲かせてくれる。支店におみえになる方が喜んで下さると嬉しい」 […]

投稿日時:
女性部深江支部は3月22日、深江支店で地元に伝わる郷土料理「いぎりす」の講習会を開きました。北岡陽登美部長ら参加者14人が参加し、部員の松本ナミ子さんを講師に、さばの缶づめで簡単に作る方法を学びました。参加した部員は、「さば缶だと、焼いたり骨を取ったりせずに、簡単にできる。久しぶりに作ってみたい」な […]